<< 御所の花たち 懐かしいもの >>
d0078481_19584951.jpg
d0078481_2005562.jpg
d0078481_2014524.jpg

京都御所のしだれ桜を撮りに行ってきました

満開!

雲が降りてきたようでした

京都で一番早い桜で

これが終わると吉野桜そして紅枝垂れと続くのだそうです


花も満開人も満開

やっぱり

春の京都の日曜日  ・・・でした
by tousiroho | 2009-03-29 20:09 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hibikisann.exblog.jp/tb/9526679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミルヒ~はママの味~♪ at 2009-03-29 21:09 x
…すご~い!
神秘的です。

紅天女とかでてきそう…。
あ、あれは梅の精か…。

桜の樹の下には…、
何かが埋まってそう…。
Commented by yumeoi_buta at 2009-03-29 21:45 x
毎日寒いので一瞬雪の写真かと思いました。 しかも今年の桜? みごとですねー。 いつもはやばや季節を感じさせていただけて感謝しております。
Commented by tousiroho at 2009-03-30 07:48 x
ミルヒ~はママの味~♪ さま
≪桜の樹の下には…、何かが埋まってそう…。≫
そうだね~。
ミルヒを連れて行く?
ここ掘れワンワン・・・って   ・・・ダメ?
出てきたら山分けね。

Commented by tousiroho at 2009-03-30 07:53 x
yumeoi_buta さま
もう4月だというのに寒いですね。
昨日の京都も寒かった!
でも、撮ってるときは寒くないけど、終わった途端、現実に戻り「さむ~」でした。
勝手なものです (>_<)
この桜は「いと桜」というのだそうですよ。


風邪ひいたらアカンよ
Commented by cassiopeam101 at 2009-03-30 11:01
関西にはお寺さんにたくさん桜の銘木があり、結構ですね。お寺さんは潰れる事もなく何百年、千何百年も続き、木々もそれなりに長生きし、枯れれば、二代目、三代目などと受け継がれますね。
江戸、東京では専ら個人に頼っていて、一代限りでお仕舞い、と言う例が多いですね。ここに確か花桃が・・・、と訪ねたら、更地になって・・・、と言う場面に出っくわして、悲しい思いを何度もしています。
ブログのお陰でこうした美しい景色が居ながらにして楽しめるのも有難いことです・・・。
Commented by mrsbean at 2009-03-30 17:35 x
京都に行って来ましたかあぁ〜羨ましい^^
京都御所の中に入れたの?
もしや?くじ運強しかな?
2〜3年前の秋に外回りをぐるっと回りました^^

桜の時期は何処も人・人・人ウンザリです
日本人は桜が大好きなのでしょうね!
そういう私も好きですが・・家の中から眺めています^^♪
Commented by tousiroho at 2009-03-30 18:08 x
cassiopeam101 さま
そうですね、関西には比較的古い有名な桜が多いですね。
それの子供がまた大きくなっていたりします。
私も違わず日本人で「春は桜!」ですが、絵にするには難しい花です。
Commented by tousiroho at 2009-03-30 18:17 x
mrsbean さま
85㎜レンズでしだれ桜を撮る!だったので
中には入っていません、外だけ回りました。
集合場所を蛤御門と聞いていたのですが正解は乾御門・・・なかなかたどりつけませんでした。
広い!


<< 御所の花たち 懐かしいもの >>