<< 千羽鶴 作品展 >>
イタドリの花
d0078481_17563119.jpg

d0078481_17565072.jpg

イタドリの花が満開でした

子供のころ、イタドリの芽に塩をつけてよく食べました
大人になって食べてみましたが
酸っぱくて食べられませんでした

子供のころはあんなに美味しかったのに
by tousiroho | 2008-10-15 18:00 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hibikisann.exblog.jp/tb/8770447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mrsbean at 2008-10-15 19:42 x
「いったんどり」懐かしいですね!
奈良のお友達に「イタドリのたいたん」を食べさせて貰いました(身延山の麓のドロガワ?そんな地名だった出身の人)
美味しかったよ〜♪灰汁抜きは茹でた後、少量の水を流しながら
半日位置くのだそうですが灰汁抜きが難しいそうです
イタドリの花のドライフラワーは素敵ですよ!
数十年前に作りましたtousirohoさんも作ってみて!
Commented by tousiroho at 2008-10-16 07:32 x
mrsbean さま
懐かしいね。
「いったんどり」が正式な名称と思っていたので
イタドリが正しい名前と知ってちょっと恥かしかった。
私も食べたことあります。
高知出身の人からいただいた。
お揚げさんと炊いてあって、美味しかった。
灰汁がなさそうなのに、灰汁抜きが難しいんですね。
昔の人は努力をして食べていたんだねぇ。
今は、安易に食べられる代わりに怖い!
Commented by チングルマ at 2008-10-16 09:43 x
子どものころ、道端に生えているイタドリを食べましたよ、生食で。
酸味があるんですよね。
最近でも山道に生えていると、つい取って、かじってしまいます。
なんだか疲れが取れるようで。
でもシュウサンが多いから、体にはよくないのかな?
Commented by tousiroho at 2008-10-16 17:58
チングルマ さま
食べましたよね~
山道で疲れているときはスッキリするかも。
なんか、ツバが出てきた・・・。
<< 千羽鶴 作品展 >>