<< 光と影 太山寺 >>
カマキリ
小春日和の太山寺。
カマキリが参道の真ん中をお散歩中でした。

d0078481_1004141.jpg

目が合った。d0078481_1113022.jpg

するとd0078481_1115784.jpg
おすましポーズをしてくれました。

(本当は、“なんじゃ、こいつは” と、思ってたのかも…)
by tousiroho | 2006-11-10 10:13 | 出会い | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hibikisann.exblog.jp/tb/4160359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 炎の親 at 2006-11-10 21:58 x
ボンに見せたら
『どうやって真っ正面から撮ったんやろ???
ガリってされんかったんかなぁ??
バアバは虫が好きやなぁ』
と感心してました。

そして、
『ちゃんとムシカゴに入れてくれたかな』
と心配してました…よ。
Commented by comet at 2006-11-10 23:32 x
地球上の生き物には、到底思えないお姿、このお顔。
間近で撮影!!
その勇気!素晴らしい!
う・・・・、やっぱり怖い!!!!!(;;)
Commented by tousiroho at 2006-11-11 08:28
ボンくんへ
カマキリさんと同じように、モーモーさん(四つん這い)になって撮ったら、ガリってされなかったし、ちゃんとお顔も撮らせてくれたよ。
ごめん!カマキリさんは、お散歩中だったから、「暗くなる前にお家に帰るんやで」と言って逃がしてやりました。また、夏になったら一緒に、セミやカマキリを捕りに行こうね。
Commented by tousiroho at 2006-11-11 08:41
cometさま
そうですね、よく見ると「不気味な顔」ですね。
撮っているときは、カマキリ、カマキリと、不気味とも怖いとも思いませんでした。
後で見ると「……」です。
写真を始めてから、「目線」が気になります。例えば、撮りたい花に出会ったら、一度花の高さになって、回りを見渡すことにしています。すると、この花はこんな景色を眺めているのかと分かって、ちょっとだけ花の気持ちが分かるような気がします。こんな気持ちで何でも眺めていると、人も花も木も虫も…みんながいとおしくなっています。これは、歳をとったせいでもあるのでしょうね。
Commented by 丹跋っ子 at 2006-11-11 10:43 x
お寺の床下の写真、私は好き。目線て大事なんやね。花の見ている景色、子供のめ線で見る。等など………。
夕べ、寒さ対策のために、室内に取り込んだシンピジゥムの鉢の中からげろげろッって聞こえてね。可愛い青い雨蛙だったんょ。外へ逃がしてやったけどどっか、いいおうちあったかなぁ。
Commented by キッドマン at 2006-11-12 19:47 x
愛嬌のあるカマキリさんですね。
先日 夕食の時に、カマキリさんが腕に止まっていて、
ビックリ仰天!庭に放してやりました。
サラダを食べたかったのかな?
Commented by tousiroho at 2006-11-12 20:03
キッドマンさま
カマキリは、顔は不気味ですが、歩く姿はユーモラスですね。
サラダ、食べたかったんだね。間違いない!
Commented by tousiroho at 2006-11-12 20:06
丹波っ子さま
アマガエル好きです。ただし、見るだけ。小さいときにかえるさんによく遊んでもらった?反動で見るだけです。夏に孫と田舎へ行ったとき、大きなトノサマガエルがいて捕まえさせられたのですが、内心ヒヤヒヤでした。孫に弱みは見せられませんので頑張りました。
<< 光と影 太山寺 >>