<< 薬膳料理 ☆作品2 >>
☆作品3
押し付けついでに、もう一枚作品を公開させてください。
「昔より」(いにしえより)
d0078481_16332748.jpg

南禅寺の三門の柱に、晩秋の斜陽が当たっていました。
約400年前に建てられた、
この柱の木が生まれたのは何年前で、どんな時代だったのだろうか、とか、
この柱は、様々な、どんなものを見てきたのだろう、とか、
この木の歴史に思いを馳せながら撮りたいな、と、思ったら
こんなふうになりました。
モニターなので色がちゃんと出せませんが、フイルム上は、深い、いい色になっています。
一番好きな作品です。

ご批評ください。
辛口の。
by tousiroho | 2006-10-24 16:30 | 出会い | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hibikisann.exblog.jp/tb/4064812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by チングルマ at 2006-10-25 09:50 x
 木の壁や柱などの木目を見ると、つい引き込まれて見てしまいますね。それにしてもさすが南禅寺。こんなに年季の入った木目はそうお目にかかれません。ただただ、すごいなー、です。
Commented by tousiroho at 2006-10-25 16:53
そうですよね。そして、何百人、何千人、…の人が通り過ぎた証でしょうか、表面が磨耗してつるつるですよね。ほんと、すごいなーです、その歴史を私ごときが撮る。おこがましいことです。
Commented by ぽんぽこたぬき at 2006-10-26 21:35 x
木肌がビロードのようになっているのが・・・・そうそうこんな感じだったわ。やわらかくて
やさしいんだよね。あの手触り 思い出しました。
Commented by tousiroho at 2006-10-27 07:25
あの手触り、なんなのでしょうね。木のぬくもり?、それだけではない何かがあるような。
Commented by 豆さくら at 2006-10-27 14:56 x
銀閣寺から哲学の道、法然院へ寄り道をしながら南禅寺へ・・・大好きなコースです。
冬の京都が一番だったな〜、今年は桜の頃でしたね又行きたく成りました。
大きな柱あったな〜。カメラマンになると眼の付けどころが違うんですね!!
流石です
Commented by tousiroho at 2006-10-27 16:21
そのコースは私も好きです。ゆっくりゆっくり歩きたいね。
<< 薬膳料理 ☆作品2 >>